【最短即日借入】おすすめカードローンはどれ?

今日中に極度額までお金を借りたいと融資を急いでいるときにおすすめなカードローンはどれなのでしょうか。最近は最短即日借入が可能なカードローンもたくさんありますし、どれを選んだらいいのか正直悩んでしまいますよね。今日中にお金が必要な方に、最短即日借入が可能なおすすめカードローンの選び方を紹介します!

銀行カードローンと消費者金融、即日借入ならどちらを選ぶべき?

まず多くの方が真っ先に悩むのは、「銀行カードローンと消費者金融、どちらを選んだらいいのだろうか?」という点ではないでしょうか。どちらも最短即日での借入が可能ですし、知名度や人気もどちらも高い…となると、どちらを選べばよいのか悩んでしまいますよね。銀行カードローンと消費者金融、どちらもそれぞれに良さがあるのですが、即日借入で選ぶのであればやはり即日借入の可能性が高いほうを選ぶべきでしょう。

というのも、即日借入というのは、「最短で即日でも借りられますよ」ということであり、審査の状況などによっては融資が翌日以降になってしまうこともあるのです。そのため、ほんとうに即日でないと困る、というのであれば即日借入可能としているカードローンのなかでもさらにその可能性の高いものを選ぶ必要があります

銀行カードローンは確かに即日借入可能なものもありますが、消費者金融に比べますと基本的に審査は厳しく時間がかかる傾向にあります。即日で借りられた方も少なくありませんが、平均的にみると申込みから2〜3営業日程度かかるケースは多いようです。銀行カードローンのなかにはもっと時間のかかるものもありますので、それを考えますと銀行カードローンとしてはこれでも早いほうではあるのですが、「今日中に」と考えている場合にはこれでは間に合いません。

また、銀行カードローンの場合即日での融資方法となると振込融資が一般的ですが、融資方法が振込融資だけですと銀行の営業時間である15時までに振込が完了していなければ翌営業日の扱いになってしまうため、その日中にお金を借りることができなくなってしまいます。

このような点から考えますと、銀行カードローンでの即日借入の可能性はそれほど高くない、ということが言えるでしょう。

即日借入に成功するためにチェックすべき点はこの3つ

即日借入に成功するため、カードローン選びではどのような点に注意して選んだらよいのでしょうか。即日借入に成功するには、審査の早さがまず第一に必要となりますが、審査が早いだけではその日中にお金を借りることができない場合があります。そのため、チェックすべき点として次の3つが挙げられます

1. 審査の早さ
2. 現時点で即日借入の手段があるかどうか
3. 必要書類が揃っているかどうか

1. 審査の早さ

カードローンの即日利用において、一番ネックとなるのはやはり審査スピードです。即日借入が可能といっても、24時間可能なわけではありません。即日借入が可能な時間というのは限られています。そのためどうしても今日中にお金を借りたいという場合には、とにかく審査の早いカードローンを選ぶことが大切です。

同じ「即日借入可能」なカードローンであっても、その審査時間は各カードローンごとに違いがあります。審査が最短即日、というものもあれば、審査時間最短30分という早さのものもあります。特に大手消費者金融は審査時間最短30分のところが多く、審査スピードに優れています。大手消費者金融の場合、これまでの長年の利用者データにより無担保ローンの審査ノウハウが確立していますので、こうしたスピード審査が可能になっているのです。

また審査が早いだけでなく、審査のハードルの高さも即日借入に成功するために重要なポイントです。審査結果が早く出ても、審査に落ちてしまっては意味がありません。審査に落ちれば、その日中の借入がさらに難しくなってしまいます。そこである程度審査のハードルは低いカードローンのほうが即日借入には向いているということも言えます。

審査の早いカードローンを選んだからといって誰もが審査が30分で終わるわけではありません。個人個人で属性や信用情報、申込のタイミングなど状況が違うわけですから審査が早いとされているカードローンを選んだからといって必ずしも審査が早く終わるわけではないのでその点については覚えておきましょう。

2. 現時点で即日借入の手段があるかどうか

即日借入のカードローンは24時間可能というわけではありません。対応時間には限りがあり、その時間はカードローンによって違いがあります。そのため即日借入カードローンを選ぶ際には「現時点で即日借入の手段があるかどうか」という点が非常に重要になってくるのです。即日借入の場合、借入方法としては以下の二通りの方法があります。

【振込キャッシング】
自分の銀行口座に直接振込をしてもらう借入方法。ネット申込後振込キャッシングにすれば来店せずにお金を借りることができて大変便利な反面、振込になるので銀行の営業時間内でなければ即日対応できません。銀行の営業時間は15時までですが、審査時間に数時間取られる可能性を考えますと、なるべく早い段階で申込を済ませたほうがいいでしょう。そのため基本的には対応時間の限られる借入手段と言えます。

一部の大手消費者金融では、特定の銀行口座を利用した場合にだけ24時間対応で瞬時に振込キャッシングが可能というサービスを行っているところもあります。ただし、対応した銀行口座を持っていなければ利用できませんので注意が必要です。

【ATMを利用したローンカードでのキャッシング】
ローンカードがあれば、24時間コンビニATMなどからキャッシングが可能です。ローンカードは一般的には契約後郵送手配が多くなっていますが、大手の消費者金融等では自動契約機を利用したローンカードの即日発行が可能です。自動契約機の営業時間は長いところで22時までなど遅くまで営業しているため、振込キャッシングで間に合わなかった場合にも即日借入の可能性が残っています。

また、一部の銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っている方の場合、銀行のキャッシュカードにローン機能を付与して即日でローンカードとしても利用できるようなサービスを行っているところもあります。

3. 必要書類が揃っているかどうか

審査がどんなに早く、今現在借入が可能な方法があったとしても、融資を受けるために必要な書類がないのであれば融資実行になりません。カードローンの必要書類は基本的にはシンプルですが、場合によっては用意する書類が増えることもありますので注意しましょう。

【本人確認書類】
本人確認書類は、申込者が本人であるということを証明する書類、つまり身分証明書です。本人確認書類はカードローン申込において基本的に必要なものとなります。主な本人確認書類には以下のようなものがあります。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

【収入証明書】
借入額など場合によって提出が求められる書類に収入証明書というものがあります。これは自身の収入を証明する書類のことで、ある程度の額の借入になる場合などに提出を求められます。消費者金融の場合には貸金業法により50万円をこえる借入の場合あるいは複数社で100万円をこえる借入の場合に収入証明書の提出が義務づけられていますが、銀行カードローンの場合には各銀行ごとで定めた額をこえた場合の提出になるようです。その額は100万円以上の場合やなかには300万円以上の場合、といったように、消費者金融と比べますと設定額が高くなっています。

・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書

必要書類をみてわかるように、本人確認書類は普段から持ち歩いているものが多いですが、収入証明書は即日でお金を借りようとしているときにすぐ手元にある書類ではないものばかりです。そのため即日借入をしたい場合には、収入証明書の提出が必要ない額で申込をする必要があります。年収に対してあまり高額な借入額を希望しても審査に時間がかかってしまいますし、申込の際には必要最低限の借入希望額で申請するといいでしょう。

最短即日借入をするなら大手消費者金融を選ぼう!

即日借入をするためには大手消費者金融を選ぶのがベストです。審査スピードが早くまた銀行カードローンと比べて審査自体も柔軟ですから審査で時間がかかってしまうのを最小限に抑えることができますし、また自動契約機がありますから時間がない場合にも即日借入の手段があります。

ネット申込が可能なので手続きもかんたんですし、またパソコンだけでなくスマートフォンやケータイからもアクセスが可能なので、時間や場所を選ばず申込をしたいときにすぐさま手続きをすることができるのも魅力です。自動契約機でのカード受取の場合も、事前にネットで申込をして審査を受けておけば、あとは契約などかんたんな手続きだけですので来店してもたいへんスムーズに受け取ることができます。

消費者金融といっても、やはり中小の消費者金融や街金などではたとえ正規の貸金業者であっても大手ほどのスピードやサービスは期待できないでしょう。大手では銀行グループ傘下のところも多いですし、知名度・人気も高く安心して利用することができます。

最短即日借入をするなら、やはり大手消費者金融がおすすめです。